年休の出勤率に含まず? 休業手当支払った期間

2013.07.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 年次有給休暇を付与するためには、前年に全労働日の8割以上の出勤率があることが条件となっています。前年、事業の関係でやむを得ず、一部の従業員に休業手当を支払い休業させた期間があります。出勤率の計算上どのように扱えばいいのでしょうか。【大阪・C社】

A

不可抗力で労働義務なし 最高裁判決にも留意を

 労基法39条では、年休発生の要件として、前6カ月(1年)のうち「全労働日の8割以上の出勤」を条件にしています。

 8割出勤率の算定に当たっては、各日について労働日とみるべきか、出勤日とみるべきか否かが問題になります。出勤日ですが、①業務上傷病にかかり療養のために休業した期間、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年7月1日第2189号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ