年次有給休暇 短時間正社員に比例付与? 所定労働日数少ないタイプ 年間216日以下に設定

2014.09.08
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 短時間正社員制度の導入に当たり、短時間勤務タイプのほか、所定労働日数の少ないタイプも選択可能な仕組みを検討しています。年間の所定労働日数200日と定めた場合、「216日以下」なので、年休は比例付与の対象になるのでしょうか。【東京・U法人】

A

週単位の日数決定を優先

 通常の正社員と比べ所定労働時間の短い正社員を、一般に「短時間正社員」と呼んでいます。厚労省設置の有識者懇談会報告書では、「勤務地・職務限定」と並んで、「勤務時間限定正社員」という用語を用いています。

 報告書では、「育児・介護の必要のある者」「自己啓発を図る者」等にとって、魅力的な仕組みであると述べ、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年9月8日第2984号16面 掲載
ページトップ