出勤率はどう計算するか 年度またいで休職した

2014.11.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 長期間にわたり私傷病により休職していた者が、職場復帰しました。当社の就業規則では、前年度(事業年度、当社は4月1日から3月31日)の出勤率が8割未満の者に対しては年休を与えないとしています。4月1日をまたいで休職した場合、出勤率はどのように計算するのでしょうか。【長野・I社】

A

基準日から1年間みる 必ず4月1日ではない

 年休は、原則として、雇入れの日から起算して6カ月間継続勤務し全労働日の8割以上出勤した労働者に対して、継続し、または分割して与えなければならないとされています(労基法39条)。一般の労働者の具体的な付与日数については、下表のとおりです。入社から半年経過後は、1年ごとに付与日数が増えていき、6年半で最大の20日が付与されることになります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月1日第2221号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ