シフト制の休憩どう規定 就業規則のみで足りるか

2014.05.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 休憩時間は一斉に与えることが原則ですが、シフトの関係でどうしてもバラバラになってしまいます。就業規則等であらかじめパターンを決めておけば問題はないのでしょうか。【静岡・M社】

A

労使協定の締結が必要に 対象労働者や時刻定める

 休憩時間は、労働時間の長さに対して、労働時間が6時間を超える場合には少なくとも45分、8時間を超える場合には少なくとも1時間を労働時間の途中に与えなければなりません(労基法34条1項)。

 労働時間が8時間を超える場合、超える時間が何時間であっても、1時間の休憩時間を与えればよいことになります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年5月1日第2209号 掲載
ページトップ