年休中の通勤手当カット? 早めに産前休業入る計画 正社員で減額例ないが

2013.09.23
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 パート従業員が妊娠しましたが、体調不良で「年休を使って、早めに産前休業に入りたい」と申出がありました。勤続10年のベテランで、会社としてもできる限り便宜を図るつもりです。ところが、現場のトップは「長期の年休消化はやむを得ないが、当然、通勤手当はカットすべき」と主張します。正社員についてカットの前例はありませんが、問題ないのでしょうか。【大分・Y社】

A

就業規則上に根拠が必要

 現場管理者等は、「交通費が発生しなければ、通勤手当の支払義務も消滅する」と考えがちです。しかし、年休取得日に支払う賃金額は、平均賃金・通常の賃金・健保法で定める標準報酬日額のいずれかを選択すべきとされています(労基法39条)。

 貴社の就業規則でも、労基法に則して年休取得時の賃金額を定めているはずです。「通常の賃金」を選択している場合、計算式は次のとおりです(労基則25条)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月23日第2938号16面 掲載
ページトップ