フレックスで休憩なしか コアタイム6時間未満

2013.05.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 フレックスタイム制で、コアタイムが6時間に満たなければ休憩は不要でしょうか。あるいはコアタイムでなくフレキシブルタイム中に自由に取得してもらうことも可能でしょうか。【茨城・F社】

A

実労働時間の把握を 「一斉付与」が原則必要

 就業規則等で休憩時間を定めるときは、所定労働時間を基準として位置・長さを決めるのが一般的です。労働時間が6時間を超え8時間未満のときは45分以上、8時間を超えるときは1時間以上の休憩時間を付与しなければなりません。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月1日第2185号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ