フレックスで休憩なしか コアタイム6時間未満

2013.05.01
Q

 フレックスタイム制で、コアタイムが6時間に満たなければ休憩は不要でしょうか。あるいはコアタイムでなくフレキシブルタイム中に自由に取得してもらうことも可能でしょうか。【茨城・F社】

A

実労働時間の把握を 「一斉付与」が原則必要

 就業規則等で休憩時間を定めるときは、所定労働時間を基準として位置・長さを決めるのが一般的です。労働時間が6時間を超え8時間未満のときは45分以上、8時間を超えるときは1時間以上の休憩時間を付与しなければなりません。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成25年5月1日第2185号
ページトップ