3カ月後に賃金清算? フレックスの期間延長 各月支払う時間外を控除

2019.01.11
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 フレックスタイム制の清算期間が最大3カ月に延長されると聞きます。当社でも、清算期間の延長を検討していますが、時間外割増の計算で確認したいことがあります。1カ月単位で時間外が50時間を超えた分は、割増を払う必要があるといいます。たとえば、3カ月平均で法定時間の総枠内に収まった場合、既に支払った時間外を後から清算するのでしょうか。【大分・I社】

A

週50時間超は割増確定

 今回の改正では、「1カ月を超え3カ月以内」のフレックスタイム制に関しては、新しい規制事項を加えています。

 ① 労基署への届出(労基法32条の3第4項)
 ② 協定事項に有効期間を追加(労基則12条の3)
 ③ 過重労働防止(労基法32条の3第2項)
 ④ 途中採用・退職者の賃金清算(同32条の3の2)

 ご質問は②に関するものです。フレックス制の場合、「所定労働時間は清算期間を単位として定められ、時間外労働の判断も清算期間を単位として」行われます。ですから、基本的には、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年1月14日第3192号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ