積立年休は出勤扱い? 「8割要件」確認する際 恩恵的で除外の意見が

2016.07.11
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、「積立年休制度」を設けています。積立年休の消化後も症状が回復せず、さらに50日近く休業した従業員がいます。翌年の出勤率を計算する際、積立年休取得日はどのように扱うべきでしょうか。社内には「有給の休暇を与えるだけで恩恵的には十分で、私傷病休職と同じでよい」という意見もあります。【京都・E社】

A

規定次第も算入望ましい

 積立年休(年休積立保存)制度とは、2年の時効により消滅するはずの年休を積み立て、私傷病休職時等の利用を認めるものです。1年の積立限度(5日まで等)・積立上限(40日まで等)を設ける例が一般的です。

 労務の提供がなかった日について、出勤率の計算上は3とおりの対応があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年7月11日第3072号16面 掲載
ページトップ