新入社員のケガ防ぎたい 仕事慣れるまで年月必要

2013.04.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 4月になると学卒の新入社員が入り、職場が活気づくのですが、毎年数人のケガ人が出てしまいます。被災する理由としては、まだ仕事に慣れていない等、いくつか考えられますが、新入社員をケガから守る方法があれば教えてください。【埼玉・T社】

A

事故事例示して教育を 〝つい〟危険行動とりがち

 学校を卒業して新入社員として入社し、先輩社員に助けられながら、年月を経るごとに仕事に慣れてきます。それまでに、社内および社外の講習機関で安全衛生等に関係する研修を受けて成長していきます。新しく会社に入る人が、誰でも経験することですが、入社してから1年ぐらいは、仕事に馴染みが浅いせいか、作業中に器物を傷めたり、または上司からいわれたことを度忘れしてケガをしてしまいます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年4月15日第2184号 掲載
ページトップ