パートの対策どう進める 被災率高い非正規雇用者

2014.09.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、パートやアルバイト等非正規に採用する社員が多く、現在、全社員の半数に達しています。このような非正規社員の作業者に対して、どのような方法で災害防止を進めたら良いのか、ご指導ください。【埼玉・T社】

A

災害防止へ入念な教育を 管理は正規社員と同様に

 最近の災害統計によっても、非正規社員を雇用する企業が多くなっており、パートやアルバイトの被災率も高くなっています。これら非正規社員の事故を紹介します。

<発生事故1>
 企業の社員とアルバイトの2人が、長尺物を肩に掛けて移動していたところ、アルバイトの足が床で滑り、肩から荷を落とし、社員にその重量が掛かりケガをした。アルバイトの足が滑ったことが事故の原因と考えられる。

<発生事故2>

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年9月1日第2217号 掲載
ページトップ