脚立の使用禁じる理由は 内装工事で元請から要請

2019.01.16
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 内装工事の当社に対して、新規取引の元請会社から、脚立の使用禁止要請がありました。今までいわれたことがなく、脚立は常時使用してきたので少々困っています。軽量でコンパクトな脚立は便利なのですが、なぜ禁止されるのでしょうか。【栃木・F社】

A

重篤な事故発生のおそれ 可搬式作業台等へ変更を

 脚立の使用を禁止するのは、脚立に起因し発生した労働災害が頻発しており、しかも約7割が骨折等により長期の休業災害となっているからです。事故を問題視した厚生労働省は、「三脚脚立に係る安全対策のお願いについて(要請)」(平29・3・23基安安発0323第1号)等の通達を出しています。昔からの有名な造語に、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成31年1月15日第2322号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ