外国人多い職場の対策は 意思疎通不足で事故

2015.11.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当工場は、日系ブラジル人や日系ペルー人をはじめ多数の外国人を雇い、現場での仕事をしてもらっています。外国人が働く現場での災害防止は、特にどのようにしたらいいのかお尋ねします。ちなみに当工場は、機械の部品を製造する中規模の工場で、約80人の外国人を雇用しています。【秋田・T社】

A

職場に合わせた語学教育 通常の連絡も複数言語で

 外国人が働く職場での、災害を防止するために必要な課題として考えられることを挙げてみましょう。

 1.日本語が通じない。
 2.作業の手順や方法を良く理解できていない。
 3.日本人と外国人との意思疎通が難しい。
 4.日本人と外国人とで習慣が異なる。

 これらの課題を解決するための改善対策を探ってみます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年11月15日第2246号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ