ローラーの事故防ぎたい 回転体で「挟まれ」が多発

2015.07.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、機械部品を作る工程で、回転ロールなどに挟まれ・巻き込まれる事故が時々起きています。どうしたら事故を防ぐことができるのか、教えください。【青森・S社】

A

確認は作動停止後に着手 「電源切り施錠」まで徹底

 職場の生産工程では、ローラーなどの回転体、あるいは左右に動く機構を持った機械などが多く使用されています。そのため、これらの稼働する機械に、操作者やメンテナンスする作業者が接触する危険性が多くあり、場合によっては重篤な被害をもたらします。厚生労働省の平成25年の調査では、全産業では約13%、製造業では約28%の被災者が発生しています。最近発生した挟まれ・巻き込まれ事故のいくつかを紹介します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年7月1日第2237号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ