丸ノコ盤の事故防ぐには 木材加工で頻繁に使用

2015.06.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当工場は木材加工用機械を使用しての事故が多く、そのうち、丸ノコ盤によるものが大半を占めています。丸ノコ盤による事故を減らす対策を教えてください。【静岡・S社】

A

歯との接触防ぐ装置必要 粉じん吸引にはマスクを

 丸ノコ盤は木材加工用機械の中の中心的な機械で、操作がしやすく、短期間の操作訓練である程度使いこなせる加工技術が身につきます。丸ノコ盤は円形の鋼板の周りに歯が設けられていて、その歯が高速で回転します。体の一部がその歯に接触したり、加工中の木材に歯を当てている際に木材等がはね返るなど重篤な事故につながることもあるため、対策が必要になります。

 丸ノコ盤による木材の加工で発生した災害事例を次に紹介します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年6月15日第2236号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ