リスク評価手法に違い? セーフティ・アセスとは

2017.01.21
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 プラントの工事等でセーフティ・アセスメントとリスクアセスメントという言葉がよく使われます。よく似た名称ですが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。【千葉・S社】

A

非定常作業の異常想定 化学プラントには「指針」

1.セーフティ・アセスメントとは

 セーフティ・アセスメント(以下、「SA」)とは、プラントの設計や工事の着手前に安全性の事前評価を事業者が自主的に実施すべきもので、危険度の評価とその対策を実施する手順・手法はリスクアセスメント(以下、「RA」)と大差ありません。SAは、比較的大規模な機械・設備等の導入前や工事の施工前に実施するもので、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年1月15日第2274号 掲載
ページトップ