確実に整理整頓するには 部品や材料が片付かない

2013.11.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当工場は機械部品を作っている中小規模の職場ですが、忙しいせいか部品や材料が職場中のあちこちに散らばっていて、足の踏み場もありません。事故も多く、作業環境を働きやすい場所にしたいと考えていますが、具体的な方法を教えてください。【静岡・M社】

A

職場ごとに担当者置く 計画作成し点数で評価も

 職場の災害防止は、整理整頓に始まって、整理整頓で終わるとまでいわれ、安全衛生の基本になっています。仕事をしていて起こる事故の多くが転落・転倒、あるいは挟まれ・巻き込まれで、発生原因の多くが器物を作業場に散らかしたままにしていることが理由として挙げられています。

 ことばの解釈でいえば、整理とは、仕事に必要なものとそうでないものを分けることで、整頓とは、仕事に必要なものはすぐに取り出せるようにすることです。最近では、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年11月15日第2198号 掲載
ページトップ