何が「リスク」になるのか 職場環境どう評価する

2014.12.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 リスクアセスメントについてお尋ねします。職場の会合で、リスクアセスメントという言葉をよく耳にするのですが、「リスク」とは具体的にどのようなことを指すのか、分かりやすく教えてください。【静岡・S社】

A

不安全な状態や行動指す 事故発生する前に除去を

 リスクアセスメントという言葉が、安全衛生担当者の耳に入るようになったのが十数年前の話です。欧米では、職場で事故が起こる前からあった不安全な状態や不安全な行動が「リスク」であり、たまたまそれらが表面に出た結果が事故であるとして、事故が起こる前にそれらを取り除けば事故は起きなかったことになるという考えから「リスクアセスメント」が重視されるようになりました。不安全な状態の具体例を次に挙げてみます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年12月1日第2223号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ