感電はどうして起こるか 事故から身を守る方法は

2016.04.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 電気機器をよく使う職場で、感電事故には細心の注意を払うべきと認識していますが、感電のメカニズムと事故から身を守るための心構えを教えてください。【東京・T社】

A

「漏電」の防止が最重要 湿潤時は電気抵抗弱まる

 感電とは、人体に電流が流れてショックを受けることであり、漏電している機器に触れると電気はその人の体を通り、大地に流れ出て行きます。これが感電です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年4月15日第2256号 掲載
ページトップ