機械設備どう点検する? なぜ定期的に行う必要が

2014.01.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当職場は、機械部品を製造する中小規模の工場ですが、機械やフォークリフトなどを、定期に点検していないとの指摘があり、どのようにしたら良いのか見当がつきません。点検をしなければいけない理由と点検方法を教えてください。【埼玉・S社】

A

始業前に行い事故防止 作動させ諸機能チェック

 まず、機械の点検を定期的に行うことの理由が何なのかについてお話しします。

 製造業では、ほとんどの工場で多くの機械設備を使用しており、発生した事故の原因を調べてみると、機械の作動不良や安全装置を設置していないことなどが、事故が起きた理由として出てきます。従って、事故が起こる前にそのことが分かれば、事故が起こらなくて済みます。

 その対応手段が定期に行う点検です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年1月15日第2202号 掲載
ページトップ