玉掛け時の主な注意点は 法規制や有効な対策など

2018.11.15
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 造船の現場などでは、重量物の玉掛け作業がよく行われていますが、危険性が高いだけに規制等も多々あったかと覚えています。主な注意点についてご指導ください。【京都・Y社】

A

点検義務や就業制限あり 「3・3・3運動」の定着も

 発電所や造船所では数10tから数100t規模のポンプ、電動機、大型構造物の玉掛け作業が頻繁に行われます。玉掛け作業に起因して、①つり荷の落下・接触、②巻き込まれ、③ワイヤーの挟まれなどの重大災害が発生するおそれがあります。つり荷が大きい分、つり荷の損傷・破壊にとどまらず、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成30年11月15日第2318号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ