低温下でケガ避けるには 寒い時期の事故防止対策

2014.02.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 寒い冬になると、働く場所の気温が下がり、手足の働きも鈍くなって事故を起こしやすくなります。冬季は仕事をしていて、共に働いている人がケガをすることが多くなります。寒いときの作業で、ケガをしない方法を教えてください。【北海道・M社】

A

冬場の作業手順作成する 入念な点検と安全教育も

 冬になると気温が低くなって手足の動きも緩慢になり、ケガをすることが多くあります。広い職場での暖房を会社側に要求することができず、つい物にぶつかったりしてケガをしてしまうのが常です。寒い日に発生する事故事例をいくつか紹介します。

<事故事例Ⅰ>

 上司の指示で、気温の下がった職場で箱に入った機械部品を移動中、靴が氷の上に乗って、滑って転倒した。

 通路上の氷を除去しなかったことと、寒いので気が急いていたためと思われます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年2月1日第2203号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ