リスクアセス進まない!? 制度導入から10数年

2013.05.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 企業に災害予防の手法、リスクアセスメントが導入されてから10数年になりますが、最近の情報からすればあまり進んでいないようですが、どのような理由でブレーキがかかっているのか、その原因を推測していただければ幸いです。【埼玉・S社】

A

トップにメリット伝授 指針で実施方法説明

 新しい手法を採用する場合には、それなりの時間がかかります。ましてや、リスクアセスメントは欧米で開発され、日本ではそれまで聞いたことがない、それでいて、かなり難解な部分もあり、会社の安全衛生の担当者も、新手法を理解するのに手間取ったこともあったかもしれません。その理由をいくつか推測してみます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年5月1日第2185号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ