KYTの詳しい進め方は 木材加工工場で採用したい

2013.12.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 家具を製造する工場ですが、木工機械で木材を加工する過程で事故が時に起きていて、事故を防ぐための対策として危険予知訓練を採用したいと思うのですが、その実施方法を分かりやすく教えてください。【埼玉・Y社】

A

イラスト使って効果的に 全員で不安全な要素指摘

 危険予知訓練はKYTと称し、やり方が簡単で、かつ事故防止にかなりの効果があると考えられていることから、多くの企業が実施しています。

 危険予知訓練を実施する前に、次の事項を準備します。

 ○過去に発生した事故のいくつかを取り上げ、その事故のあらましを示したイラストを作る。

 ○職場で働いている作業者をグループに分け、訓練に参加してもらう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年12月1日第2199号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ