リスクアセスの必要性は 「協働ロボット」導入進み

2018.05.09
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 最近では、産業ロボットを使用する際に柵などで隔てることなく、作業者が至近距離で作業を行うことができるケースが増えていると聞いています。安全面等において問題はないのでしょうか。【神奈川・I社】

A

規格に則った使用を証明 設計は安全重視の仕様

1.協働ロボットの導入

 近年、「協働ロボット」と呼ばれる、柵または囲い等(以下「安全柵」)による防護がなされていない、人と隣接して作業を行うロボットの導入が増加しています。産業用ロボット(定格出力80ワット超)は、安衛則150条の4の規定により、接触により労働者に危険が生じるおそれがあるときは、安全柵を設けることとされてきましたが、通達(平25・12・24基発1224第2号)により規制が緩和され、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年5月15日第2306号 掲載
ページトップ