荷主先での事故防ぎたい トラック走行中の対策は

2015.12.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は、トラックを80台運用する事業所ですが、事故の多くが荷主先で起きています。走行中の事故も含めて、事故防止にどのような方法を取ったらよいのか、お尋ねします。【山梨・S社】

A

フォーク運転は資格者を 日頃から健康維持管理

 全産業で発生する労働災害による死亡者数で、交通災害の死亡者は2割を占めています(厚生労働省)。トラックは、荷主の要望する納期により、一定速度以上での運行を余儀なくされると、他の車両との接触の危険を伴います。トラックの運転者は、通常1人で周辺の状況を評価し、自身の判断で業務を進める必要があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年12月1日第2247号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ