冬期の災害なくす対策は 改善効果上がりにくい

2017.12.26
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 冬期に発生する職場災害を防止する方法を教えてください。当社工場は従業員150人で、機械部品の製造をしている職場ですが、毎年冬になると災害が多くなります。数多くの改善措置をしておりますが、一向に成果が上がっていません。何か良い方法があれば教えてください。【青森・S社】

A

凍結に起因する事故多い 積雪寒冷地へ「対策要綱」

 積雪寒冷地においては、冬期における降雪、低温などの冬期特有の気象条件の影響を受け、転倒・墜落災害および車両等のスリップ事故による労働災害が多発しています。職場で働く人が起こす冬期の災害をいくつか紹介しましょう。

<災害事例Ⅰ>

 機械部品を箱に入れ、それを持って他の工場に行く途中、通路が凍結していたため、滑って工具に躓き転倒した。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年1月1日第2297号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ