新入社員の事故防ぐには 負傷する確率高く懸念

2015.03.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 4月になると、学校を卒業したばかりの新入社員が入社し、卒業とともに仕事を始めることになります。話しによれば、新人はケガをしやすいと聞いていますが、どこに負傷の原因があるのか、またどうしたら事故にならないのかを教えてください。【福岡・S社】

A

年間計画で指導・教育を 入社直後は付添いも必要

 新入社員が入社してから1年間で、事故を起こしてケガをし、病院で治療する人の数が比較的多いことが、災害統計等から報告されています。

 職場でのケガで負傷した場合、労基署に労働者死傷病報告を提出する必要などから、担当者が事故現場を調査し、負傷者や監督者と面接して事故の原因を探し、その結果を報告書にまとめて上司に報告することがよく行われます。そうした報告から、よくある原因をいくつか紹介します。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年3月15日第2230号 掲載
ページトップ