転落・転倒をどう防ぐか 製造業で事故多発傾向

2014.08.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 物を作る職場では、高い場所からの転落、あるいは歩行中につまずいて転倒事故が多く発生しています。これらの転落・転倒災害がどうして起こるのか、またどうしたら防げるのか、その方法を教えてください。【福岡・S社】

A

現場の明るさ確保する 障害物との接触防止策も

 製造業の職場では、機械に昇っての修理作業中の転落、地上で歩行中のつまずき事故など、多くの災害が起きています。平成25年に発生したこの種の災害は、産業界全体の27%が製造業で起きていると報告されています。製造業で起きているこの種の災害のいくつかを紹介します。

<事故例1>
 梯子を機械にかけ、上に設置されている電気設備を修理していたが、作業が終わって出口まで来て、梯子に乗ろうとして地上に転落した。

 梯子に受け具が取り付けられていなかったことが原因。

<事故例2>

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年8月1日第2215号 掲載
ページトップ