挟まれ巻き込まれ対策は 事故事例や原因教えて

2014.07.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当職場は機械部品を製造する工場ですが、機械に挟まれたり、または、巻き込まれる事故が時々起きています。この種の事故がどうして起こるのか、その原因と対策を教えてください。【青森・S社】

A

電源切って点検・修理 接触防ぐ柵設置する

 製造業の職場で発生する事故の約3割が「挟まれ」「巻き込まれ」です。この業種では、機械設備が多く、技術革新の過程で構造が複雑になり、また稼動する速度も速くなったために事故が起こりやすくなりました。最近起きた事故のいくつかの事例を紹介します。

<事故事例1>
 回転しているローラーの面に、異物が付着しているのを見た担当者が、除去しようとして手を出したときに巻き込まれた。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年7月1日第2213号 掲載
ページトップ