携帯用丸のこ盤どう使う 一瞬の「反ぱつ」が危険大

2019.03.18
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 今年採用になった新入社員の中に、1度も携帯用丸のこ盤を使用したことがない社員がいます。丸のこの危険性、特に丸のこ盤使用時の「反ぱつ」現象は、私も以前怪我をしそうになったこともあり、詳しく教えたいと思いますが、どのような点に留意すべきでしょうか。【山梨・F社】

A

規格や法令の順守が肝心 現象起こる状況理解する

 携帯用丸のこ盤は、通常作業者の手前から腕を伸ばすようにして本体を移動させ、材料を切断します。丸のこの「のこ歯」は円形で、材料の下から斜め上へと回転接触していきます。その後のこ歯を安全に動かすには、切断し終えた手前側の材料側面(厚み分)を、上から斜め下に通過させる必要があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成31年3月15日第2326号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。