クレーン災害どう防ぐか 起きやすい接触事故

2013.09.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は機械部品を作る職場で、天井クレーンが10数台あり、つり荷が下で働いている人に接触する事故が起きます。どうしたら事故を防げるでしょうか。なお、クレーンの操作には無線機も使っています。【秋田・S社】

A

荷と作業者の接近に注意 要領・手順作成も重要

 生産活動では物を移動する作業が多く、その目的を果たすために、ほとんどの企業でクレーンを使用していて、その過程で事故が多く起きています。最近起きた、クレーン使用での災害を、いくつか紹介します。

<事故例1>

 クレーンの定期点検のため、直立梯子を昇っていたところ、足を滑らせて下に転落した。原因は、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年9月15日第2194号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ