ケガや病気を減らすには 現場の意識高める必要

2014.08.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 働いている人の安全を守るということは、社長を始め、幹部職員にとっての職務だと思いますが、毎年多くの社員がケガや病気で苦しんでいます。どのようにしたらこの大きな課題を解決できるのか、現場の人が分かりやすいことばで教えてください。【青森・F社】

A

安全衛生計画を作成する 定期的に職場環境調査も

 従業員の体をケガや病気から守るということは、幹部職員にとって、また、会社で働く人、あるいは不定期に働く人にとって、被災者はもちろん、家族にとっても最も重大な課題です。毎年12万人の働き手が、ケガや病気で苦痛を味わっています。その原因として、次のことが分かっています。

 ○決まっていることを守れない、守っていない。
 ○機械を修理するときは、機械を停止してから行うという指示を守らない。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年8月15日第2216号 掲載
ページトップ