ヒヤリ・ハットどう活用 職場の安全へのつなぎ方

2016.10.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 「ヒヤリ・ハット」という言葉をよく耳にします。一応意味は理解していますが、このヒヤリ・ハットを現場でどのように活用すべきなのか、教えてください。【愛知・O社】

A

KYT活動への組込みを 「見える化」で意識向上も

1.ヒヤリ・ハットとは

 ヒヤリ・ハットとは、重大な災害や事故に至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例の発見をいいます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年10月15日第2268号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ