「ヒョット運動」って何? ヒヤリ・ハットどう関係

2020.12.01 【安全管理】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 指導をお願いしていた社外の労働安全コンサルタントから、「ヒヤリ・ハット(H・H)運動」から1歩進めた「ヒヤリ・ハット・ヒョット(H・H・H)運動」というのがあると聞きました。初めて聞く内容で、どのように考えたらいいでしょうか。【東京・S社】

A

リスクアセス取り入れる 朝礼のやり方を見直して

 安全管理に生かすため、ヒヤリ・ハット報告書の書式を定め、事例の収集と分析を行っている事業所も多いと思います。しかし、報告書の作成は面倒だと感じている人や、みせる安全に凝りすぎて、現場の安全管理よりも見学者や第三者にアピールすることが目的になっていることはありませんか。ヒヤリ・ハットの事例収集の目的は、それぞれの事業所で事故や災害の芽を事前に摘み取ることです。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
2020年12月1日第2367号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。