ヒヤリハットは効果的か 職場の事故防止対策で

2014.05.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 安全衛生にかかわる会合で、職場でヒヤリハット活動を行うと事故防止に効果があるという話が出ましたが、どのような活動なのか、またどんな効果があるのか教えてください。【岡山・S社】

A

災害発生前に危険を除去 日常業務での危険を報告

 職場で仕事をしていて、ケガはしなかったがその一歩手前でヒヤッとした、またはハッとしたことは誰しも少なからず経験があることだと思いますが、この経験を災害防止に生かしたのがヒヤリハット活動またはヒヤリハット報告で、多くの企業が採用しているようです。

 いわば、最近話題になっているリスクアセスメントの先駆けみたいなものです。職場で事故が起き、その発生原因を調べてみると、不安全な状態と不安全な行動が出てきます。

 ヒヤリハット活動の対象はこの不安全な状態と行動の除去です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年5月15日第2210号 掲載
ページトップ