「本質安全の原則」とは? 機械の安全化で聞く用語

2017.05.21
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 機械には「本質安全の原則」というものがあると聞きました。これはどういうことを意味するのか、具体的に教えてください。【長野・K社】

A

危険を根源から除去する 災害防止に最重要の方策

■本質安全の原則

 機械による災害は、その駆動エネルギーが大きく致命的な結果となりやすいため、災害防止対策にしっかり取り組む必要があります。この機械を安全化するための方策として「本質安全の原則」があります。機械類の有する危険源が除去されれば、機械類の周辺等に生じる危険な範囲(危険区域)も消滅し、危害が発生する恐れがなくなります。危険源が除去できなくとも…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年5月15日第2282号 掲載
ページトップ