無傷の事故多発し対策は 物につまずいて転倒

2020.06.01 【安全管理】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社では、物につまずいて転んだり、重い物を落としたなど、幸いケガにならなかった無傷事故が多発しています。これをなんとかしたいと考えています。どんなことをしたら良いでしょうか。【神奈川・O社】

A

「声かけ」が動機付けに 目に見える形で注意喚起

 無傷事故の陰には災害が潜んでいます。災害原因の96%は人の不安全行動に起因します。これは、不安全行動をなくせば、災害を防げることを意味しています。

 不安全行動を改めるには、安全意識を高めることが大切です。安全意識を高めるには、これをやれば良いというものはありません。あらゆる機会に、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年6月1日第2355号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ