RA導入のポイントは? 化学物質が実施対象に

2016.09.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社で扱う薬品について、6月から化学物質のリスクアセスメントを行う必要が出てきました。これまでも安全データシートの交付などは必要に応じて行っていましたが、リスクアセスメントの実施は未経験です。会社の業務に化学物質のリスクアセスメントを導入するときのポイントを教えてください。【広島・K社】

A

危険・有害な物質を特定 リスク見積もり対策検討

1.リスクアセスメントの義務付け

 法律により化学物質のリスクアセスメント(RA)の実施が義務付けられています(安衛法57条の3)。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年9月15日第2266号 掲載
ページトップ