リスクレベル調査方法は 化学物質の危険有害性

2016.12.01
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 今般実施が義務付けられた化学物質の危険性または有害性の調査ですが、時期的にはどのような際に実施することが必要なのでしょうか。また、どういった方法で行わなければいけないのでしょうか。【埼玉・R社】

A

手法に「簡易評価法」 最悪な状況想定すべき

(1)調査の実施時期

 危険性または有害性等の調査の実施は、①調査対象物を原材料等として新規に採用し、または変更するとき、②調査対象物を製造し、または取り扱う業務に係る作業の方法または手順を新規に採用し、または変更するとき、…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年12月1日第2271号 掲載
ページトップ