化学物質ばく露が原因か 胆管がん対策で通達

2013.07.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 印刷関係の会社に勤務する者ですが、印刷会社で働いている人が胆管がんになったことに関連して、その健康障害の予防の文書が最近出されたと聞きました。どのような内容なのか、教えてください。【愛知・W社】

A

換気や保護具着用を徹底 SDSにより有害性確認

 印刷会社で印刷機の洗浄または払拭の業務に従事した労働者が胆管がんを発症したとして労災請求がなされました。厚生労働省の「印刷事業場で発生した胆管がんの業務上外に関する検討会」では、1,2‐ジクロロプロパン(別名二塩化プロピレン)の高濃度ばく露が胆管がん発症の原因となった蓋然性が極めて高いとしました。

 この報告を踏まえて、健康障害の予防的観点から、「洗浄または払拭の業務等における化学物質のばく露防止対策について(平25・3・14基発0314第1号)」が示されました。同通達では、2つの業務についてばく露防止対策を示しています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年7月15日第2190号 掲載
ページトップ