安全標識の表示どうする 効果的な掲示方法教えて

2020.02.02
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 現場の安全標識の効果的な掲示方法を教えてください。例えば、物の落下に対する表示はどのようにしたら良いでしょうか。【広島・I社】

A

「赤は禁止」など色分け 表現は短い単語で簡潔に

 頭上の突起物に対して注意喚起する標識が、頭上にあるとします。標識に気づく人は、突起物にも気付くはずです。危険なのはその標識に気付いていない人、頭上を見ていない人です。もし足元に標識があれば視線(注意)を足元から頭上に向けることができ、危険に気付かせることができるのです(写真は東京・上野駅)。

 誰に、どんな状況で、どうさせるのか、目的をはっきりさせれば効果を上げることができます。設置する場所や数、標識の大きさや文字のフォントや配色など、目的に対して使い分けると効果的です。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
2020年2月1日第2347号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ