危険・有害性をどう調査 OSHMSの実施事項は

2015.11.01
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 新たな機械設備の導入や規制対象となる化学物質の取扱い等により、労働災害の発生が懸念されます。そこで、危険性または有害性の調査と労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)の目的や実施方法について、現場で働く社員に分かりやすく説明できればと考えています。【静岡・S社】

A

事前にリスク特定し除去 目標設定し年間計画作成

 昭和47年に安衛法が誕生してから約40年が経過していますが、その間、大きな災害が発生するごとに、規制の内容の変化を求められてきました。また企業では、設備を刷新するなどで、生産過程での機械の稼働速度や作業方法の変化が影響して災害が発生した場合、原因の正しい把握が困難になっていることもあります。

 こうした事項を踏まえて、規制の目的や、実施方法などを検証していきます。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年11月1日第2245号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ