安全作業上のポイントは フレキシブルコンテナ

2017.10.11
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当社は運輸や倉庫の業務も行う製造業で、非危険物用フレキシブルコンテナをよく取り扱います。その概要および作業上のポイントには、どういったものがあるのでしょうか。【東京・G社】

A

機種選択から防災を意識 JIS・安全作業基準を基に

 フレキシブルコンテナ(以下、コンテナという)は粉粒体の輸送に広範囲に用いられています。日本工業規格JISZ1651では「樹脂フィルム又は紙のような柔軟な材料で作られた胴部、つり上げるためのつり部、注入・排出ができる開口部などを備えた中型容器」と定義され、本体、注入口、排出口、つり部、つり上げ用部品、結束部品等で構成されています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年10月15日第2292号 掲載
ページトップ