冬場の火災はどう防ぐ? 毎年数件程度の発生あり

2016.02.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 自動機械の部品を製造している工場ですが、毎年冬になると火災が数件発生しています。工場の安全管理者が色々手を打ってはいますが、あまり効果が出ていません。何か良い手だてがありましたら教えてください。【静岡・T社】

A

可燃物と点火源遠ざける 静電気やタバコにも注意

 物を作る職場では、トーチや溶接機など、火花や火災が発生する仕事が多く、特に冬季になると空気が乾燥して、火災になるケースが多くなります。職場で火災が発生する要素を挙げてみましょう。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年2月15日第2252号 掲載
ページトップ