経営者の思いどう伝える 担当者が作業所安全パト

2016.11.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 中小企業で建設業を経営しています。安全担当者を1人置き県内作業所を安全パトロールで回らせています。〝経営者の思い〟を作業員にどう伝えるか教えてください。【埼玉・K社】

A

現場と情報共有を徹底 「コスモス」踏まえ活動

1 安全管理のマニュアル・文書化

 安全管理のマニュアル・文書化の手法として、建設業の場合は「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針」(厚労省告示53号)により、建設業労働災害防止協会(建災防)建設業労働安全衛生マネジメントシステム(COHSMS)ガイドライン(以下「コスモスガイドライン」)に基づいて…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成28年11月15日第2270号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ