脚立の安全な使いかたは 修理・点検で事故が多発

2013.10.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 当工場は金属部品を作る職場ですが、機械の修理、または点検等の作業で頻繁に脚立を使用します。そのため、脚立を使用しての事故が多く発生しています。どのように脚立を使用したら事故を防ぐことができるのか、教えてください。【静岡・S社】

A

目的外で使用しない 電気工事には絶縁型を

 脚立は取り扱いが簡単なうえに、軽量なことから多くの職場で使用されています。まずは脚立の構造について確認してみます。

 (1) ほとんどの脚立はアルミニウムでできています。
 (2) 脚立を開くと、両側に分かれています。
 (3) 留め金が設けてあり、脚立がそれ以上開かないように、留め金で一定の角度に制限されています。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年10月15日第2196号 掲載
ページトップ