巡視のポイント知りたい 自主的にパトロール実施

2018.02.09
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

労働災害の防止を目的とする自主的な安全衛生活動の一つに、安全衛生パトロール(職場巡視)がありますが、実施に当たってどのようなことに留意すればよいでしょうか。【埼玉・S社】

A

指摘事項踏まえ現場確認 優先順位決めて是正措置

 安全衛生パトロールは、安全管理者や衛生管理者が行う巡視のほか、経営トップや職場の長などが職場を回り、危険有害な箇所や5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾け)の状況、作業手順の遵守など安全衛生の管理状況について確認するものです。労働災害につながる要因が発見された場合はその場で是正し、是正できなければ早急に別の対応策を検討し実施する必要があります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成30年2月15日 第2300号 掲載
ページトップ