育児時間も必要? 時間短縮との併用に

2013.08.19
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 1歳未満の子がいる従業員に短時間勤務制度を適用しています。急病などで保育園へ迎えに行くときには早退扱いにせざるを得ません。このほど「育児時間」の請求がありましたが、併用を認めるべきですか。【新潟・M社】

A

勤務終わりでも付与を

 短時間勤務制度は、1日の所定労働時間を原則6時間とする措置を含むものでなければなりません(育介休業法施行規則34条)。短縮後どのように始業・終業時刻を設定するかは…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年8月19日第2933号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ