分散可能なケースとは 介護休業の取得

2015.12.07
Q

 介護休業は家族1人に93日が限度となっていますが、分散して取得できる場合とそうでない場合の区別がよく分かりません。【東京・N社労士】

A

同一状態では分散取得不可

 労働者は、要介護状態にある対象家族1人につき最大93日まで介護休業を取得できると定められています(育介法11条2項)。要介護状態とは、…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年12月7日第3043号16面
ページトップ