みなし労働で半日付与? 子の看護休暇と介護休暇

2017.07.15
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Q

 子の看護休暇・介護休暇は、半日単位の付与が義務付けられています。一般の勤務者はともかく、みなし労働時間制の対象者等でも、申出があれば認める必要がありますか。「半日勤務」したと本人が主張すれば、半日分の賃金支払いが必要でしょうか。【大阪・K社】

A

 看護・介護休暇の基本的な考え方は共通しているので、看護休暇を例に検討してみましょう。

 看護休暇は日々雇用される者以外であれば取得可能ですが、「所定労働時間4時間以下の労働者」は半日単位の申出ができません(育介法16条の2)。このほか、労使協定を締結すれば、以下の労働者を除外できます(同16条の3第2項)。③の労働者は、「半日単位の取得」だけが対象となります。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年7月15日第2286号 掲載
ページトップ